シェーネンベルガーハーブ圧搾エキス
*西洋タンポポ

★大地のエネルギーを食卓に取り入れる。
強靭な生命力を付与してくれる「野草の女王」と呼ばれるハーブです。

Bio LÖwenzahn*

西洋タンポポ


西洋タンポポ

ドイツのBio規格を意味するマークです。認定機関ラコーン社にて、厳格な基準を満たしたオーガニック製品のみに与えられる認証マークです。


西洋タンポポ
購入ページへ

ー内臓の大掃除ー


  • ★毎日の健康維持に♪

    <西洋タンポポ 、全草
    ( Lowenzahnwurzel mit kraut>

    歴史と一般知識

    西洋タンポポはキク科(Asteraceae Syn.Compositae)の植物で、温暖なユーラシアが原産です。亜種や変種が多く、北半球全体に分布しています。平地から山脈にかけて、草原や牧草地に育ちます。
    この植物は窒素を含む土壌を好みますので、可愛い西洋タンポポの草原があれば、肥料過多であることが分かります。西洋タンポポの使用部位は根( Taraxaci Radix と地上部( Taraxaci Herba )です。
    慎ましい西洋タンポポは、バター花、ミルク花、3 月の茂みや吹き飛び花とも呼ばれ、ドイツに広く分布しています。芝生に一度でも根をはれば、 30 p以上の深さの直根になり、庭から根絶することはほとんど無理です。困りものなのですが、嬉しいものでもあります。
    西洋タンポポは驚くべき植物で、あらゆる症状や病気の助けになります。 11 世紀には、アラブの医者がこの薬用植物のことを記し、 13 世紀にはドイツの修道僧が薬草書に載せています。西洋タンポポは化粧品としても使われ、目の炎症に用いられたり、月が欠けて 3 日目に西洋タンポポのエキス を付けると、イボが消えるといわれていました。

  • ★オールマイティな働き

    <野草の女王>

    ダンデライオン(ダンディーライオン、ダンテライオン、ダンデリオン)という名前は、16世紀頃ヨーロッパのある医師が歯のギザギザがライオンの歯を連想させることから名付けられたと言われています。

    フランスではこの薬草を民間で「寝小便」とか、北ドイツでは「小便花」と呼ぶこともあります。

    中国では「蒲公英(ほこうえい、ホコウエイ)」と言い、薬草として使用(利用)されます。

    古くからヨーロッパや中東では食用に供されており、多少の苦味があるがサラダなどにする。また、根を乾燥させて炒ったものがコーヒーの代用品(たんぽぽコーヒー)として知られており、健康維持に役立つとされています。

    根と茎から出る乳液は虫よけや民間療法のイボ取りに用いられてきました。花からは黄色や緑色の染料がとれまする。

    西洋タンポポは悪液質を改善する植物です。体液病理学の体液理論によれば、西洋タンポポは、悪液質を良液質に変えることができます。西洋タンポポは食欲、消化、代謝、分泌促進、利尿作用があり、お酒が好きな方や暴飲暴食の悪影響から内臓を守ります。

  • ★成分と使用目的

    <主な成分>

    成分:苦味成分(ラクチュコピクリン=タラクサシン、オイデスモーライド、ゲルマクロノーライド =セスキテルペン)、トリテルペン(タラクサステロール)、フィトステロール、フラボノイド、フェニルカルボン酸。
    その他、ビタミン・ミネラル・粘液成分・カリウム (特に地上部に多く含む)。

    <こんな方にオススメ>

    お腹の健康、トイレの悩み、肉や脂もの、お酒好きな方、便秘しがちな方。

    不足しがちなカリウムを豊富に含んでいます。

    育児中の方の母乳不足や乳腺の健康にも役立つとされています。

    朝のコワバリや節々が気になる方にも最適です。

    アルコールや脂肪の多い食事を好む方にもオススメです。

    ★栄養成分20ml当たり

    <(財)日本食品分析センター>
    エネルギー 2kcal
    たんぱく質 0.1g
    脂質 0g
    炭水化物 0.4g
    食塩相当量 0g
  • ★原材料・価格など

    ◎名称: 西洋タンポポ濃縮エキス

    ◎原材料名: 西洋タンポポ

    ◎価格: ¥3,300(税抜)

    ◎内容量: 200ml

  • ◎【お召し上がりの目安】
    スプーン1 杯を1日2〜3 回20ml程度/日)
    ※食前がおすすめです。

  • ◎保存法: 冷暗所に保存。開封後は栓をきちんと閉め、冷蔵庫に保管し2〜3週間以内に飲み終えて下さい。

    ◎原産国: ドイツ連邦共和国

    ◎輸入元:潟ニコ

    ◎ご使用法: 大さじ1杯、1日2〜3回を目安に、原液そのまま、または水などで2〜5倍に薄めてお飲みください。飲みにくい場合は、ジュースに混ぜたり、ハチミツなどの甘味を加えてお召し上がりください。ヨーグルトやルイボスティーに混ぜると、さらに美味しくお召し上がりいただけます。

購入ページへ