シェーネンベルガーハーブ圧搾エキス
*西洋オトギリソウ(セントジョーンズワート)

★心の暗闇を照らす「サンシャインハーブ」
古くから貴重なメディスンハーブとして愛用されています。

Bio Johanniskraut

西洋オトギリソウ(セントジョーンズワート)

西洋オトギリソウ

ドイツのBio規格を意味するマークです。認定機関ラコーン社にて、厳格な基準を満たしたオーガニック製品のみに与えられる認証マークです。


西洋オトギリソウ(セントジョーンズワート)
購入ページへ

ー心を守るー


  • ★心の暗闇を照らす

    <科目:オトギリソウ科/抽出部分:全草>

    よく陽にあたる牧草地や松林の周辺に自生する美しい花を咲かせる植物です。聖ヨハネの祭日の頃に開花するのでヨハネスウラウトと呼ばれヨーロッパ諸国の国民に親しまれてきました。

    日本のオトギリ草の近似種。セントジョーンズワートという名は、イエス・キリストに洗礼を施したバプステマの聖ヨハネに由来する。古代ヨーロッパの人々は、葉や花に含まれるヒペリシンという蛍光物質が血のような赤色をしていることから、神聖な植物と考え、魔除けにも利用されてきました。

    ヨーロッパでは伝統的に心の暗闇を照らす「サンシャインハーブ」として不眠や鬱などに利用され、民間療法として、古くから貴重なメディスンハーブとして用いられ、中世の医師パラケルススがメランコリーやヒステリー、意気消沈に使用したそうです。オリーブオイルに浸した赤い油は、傷や打撲のボディケアオイルとしても使われています。

    ハイペリカムオイル

    近年、西洋オトギリ草のストレス緩和作用が注目を浴び、1996年に「ブリティッシュメディカルジャーナル」に臨床試験の総説が発表されてからは、アメリカでは大きな人気を維持しています。ドイツ連邦医薬品・医療機器庁(BfArM)は生薬として承認しています。

  • ★心を守る

    メリッサなどに比較すると、むしろ気分を明るく高め、快く感じる力を強める特徴をもちます。但し、変化はそんなに早くは現れず、少なくとも2〜3週間は続ける必要があるといわれています。

  • ★成分と使用目的

    <主な成分>

    最も役立つ成分はハイパフォリンと特有のヒペリシンだと考えられています。 主成分に苦味質、タンニン、精油、プロテイン、炭水化物、ビタミン、ペクチン、ミリスチン酸、ルチン、ヒペリシン、フィトステリン、ケルセチン、ステアリン酸などを含みます。薬を服用されている方は医師などに御相談して下さい。

    ★栄養成分100g当たり

    <(財)日本食品分析センター>
    エネルギー 15kcal
    たんぱく質 0.2g
    脂質 0g
    炭水化物 3.5g
    ナトリウム 0.6mg
  • ★原材料・価格など

    ◎名称: 西洋オトギリソウ濃縮エキス

    ◎原材料名: 西洋オトギリソウ

    ◎価格: ¥3,300(税抜)

    ◎内容量: 200ml

    ◎保存法: 冷暗所に保存。開封後は栓をきちんと閉め、冷蔵庫に保管し2〜3週間以内に飲み終えて下さい。

    ◎原産国: ドイツ連邦共和国

    ◎輸入元:潟ニコ

    ◎ご使用法: 大さじ1杯、1日2〜3回を目安に、原液そのまま、または水などで2〜5倍に薄めてお飲みください。飲みにくい場合は、ジュースに混ぜたり、ハチミツなどの甘味を加えてお召し上がりください。ヨーグルトやルイボスティーに混ぜると、さらに美味しくお召し上がりいただけます。

購入ページへ