シェーネンベルガーハーブ圧搾エキス
*パセリ(別名:オランダセリ)

★食べると元気がでて力がつく野菜の王様。
豊かな栄養と精油成分を含んだハーブ。

Bio Petersilie

パセリ(別名:オランダセリ)


パセリは伝統的に利尿や整腸、血行促進、月経困難、疲労回復、老化防止などに使われてきました。

ドイツのBio規格を意味するマークです。認定機関ラコーン社にて、厳格な基準を満たしたオーガニック製品のみに与えられる認証マークです。


パセリ(別名:オランダセリ)
購入ページへ

ー元気がでる野菜の王様ー


  • ★力がつくパセリ

    <科目:セリ科/抽出部分:葉・茎>

    日本ではパセリと言えば、主に料理の付け合わせや飾りとして使われていますが、そのまま食用としたり、香りづけに用いるなど多種多様に利用されています。原産は地中海沿岸、ヨーロッパ南東部が原産で、世界で最も使われているハーブの1つと言われております。

    パセリは古代ギリシャ、ローマ時代にすでに治療植物や調味料として利用されていました。ローマ人はパセリを“食べると力がつく”などの定評から、これから闘う剣闘士や馬車を引く馬にパセリを食べさせたそうです。

    17世紀にはヨーロッパ全体に普及したと言われ、日本には、18世紀にオランダ人が持ち込んだのが始まりで、オランダゼリと呼ばれ、長崎で栽培されていました。

  • ★豊かな栄養と精油成分

    <毎日の摂取が決め手>

    パセリは栄養価が極めて高く、ビタミンA(βーカロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなど多くのビタミンを含み、鉄(ほうれん草の約 4 倍)、カルシウム、マンガン、亜鉛、カリウムなどのミネラルも豊富で、他にも食物繊維、葉緑素、クロロフィルなど野菜の中でもトップクラスの栄養価が含まれます。

    また、独特の香りのアピオールやピネンなどの精油成分も多く含むハーブの1つでもあります。パセリには水分排泄の強化、腸内環境をきれいにする整腸作用、体の巡りを高める作用をはじめ、月経困難、疲労回復、老化防止などに役立つことから女性にもたいへんやさしいハーブでもあります。

    また、アピオールなどの精油成分は抗菌作用や消臭作用もある事から、口臭予防などにも優れています。※ヨーロッパでは、飲用だけではなく、水でうすめたパセリのエキスをコットンに含ませて肌にパッティングすることで、皮膚の引き締め、血管の浮き上がり、肌のシミとりなどを目的に肌の手入れに利用されてきました。

  • ★成分と使用目的

    <主な成分>

    ビタミン A(βーカロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどのビタミン類、カルシウム、マグネシウム、フラボノイド、鉄、カリウム、マンガン、亜鉛などのミネラル類、食物繊維、葉緑素、精油、配糖体、クロロフィルなど 。

    <こんな方にオススメ>

    栄養補給、体力低下、むくみ、月経不順、貧血、イライラ、美肌(シミ)、口臭、体質改善、抗酸化、腸内環境など。

    ★栄養成分100g当たり

    <(財)日本食品分析センター>
    エネルギー 10kcal
    たんぱく質 0.5g
    脂質 0.1g
    炭水化物 2g
    ナトリウム 11.8mg
     (財)日本食品分析センター
  • ★原材料・価格など

    ◎名称: パセリ濃縮エキス

    ◎原材料名: パセリ

    ◎価格: ¥3,300(税抜)

    ◎内容量: 200ml

    ◎保存法: 冷暗所に保存。開封後は栓をきちんと閉め、冷蔵庫に保管し2〜3週間以内に飲み終えて下さい。

    ◎原産国: ドイツ連邦共和国

    ◎輸入元:潟ニコ

    ◎ご使用法: 大さじ1杯、1日2〜3回を目安に、原液そのまま、または水などで2〜5倍に薄めてお飲みください。飲みにくい場合は、ジュースに混ぜたり、ハチミツなどの甘味を加えてお召し上がりください。ヨーグルトやルイボスティーに混ぜると、さらに美味しくお召し上がりいただけます。

購入ページへ