クロモリジンAHSSMD-クマササ(熊笹)エキス

**この製品は以下の方にオススメします。**

★西洋医学以外の代替療法を検討している方
★西洋医学とサプリを併用したい方
★病院や薬が苦手な方
★健康に自信がない方
★仕事や学校を休めない方
★食べる力を大切にしたい方
★急いで栄養を補給したい方
★ビタミン以外にアミノ酸も補給したい方
★季節や環境の変化に弱い方
★人ゴミや満員電車を避けたい方
★添加物や保存料を避けたい方
★生活習慣が気になる方
★妊娠中・授乳中で薬を飲みたくない方

古くから語り継がれてきたクマ笹の不思議な力

日本国内では古くからお茶や黒焼きを始めいろいろな用途に利用されてきたクマ笹は、近年多くの研究者から健康に対する素晴らしい働きが報告され、科学的にもその有用性は明らかになりつつあります。

クロモリジンAHSSは私たち日本人になじみのある、クマ笹とオオバエゾヨモギをブレンドして作られた100%無添加の植物エキスです。潟Rスモバイオスの開発した特許抽出法によって、一般のクマ笹製品には存在しない特別な栄養成分の抽出に世界で初めて成功し、海外の研究者からも大変有益な栄養食品として注目されている画期的なサプリメントです。

AHSSは不摂生な食生活や生活習慣の乱れにより低下した、体内の栄養バランスを整え、健康を脅かす様々な脅威に負けない身体づくりを応援します。いつまでも元気で若々しくありたい方をサポートする頼もしい植物エキスです。

添加物や賦形剤等は一切使用しておりませんので、安心してご利用いただけます。

クマ笹エキスAHSSの特長

豊富なアミノ酸、ビタミンミネラルを含有

クマ笹には、タンパク質の主要な成分であるアミノ酸が24種類も含まれており、なかでも体内では、合成できず食物から取るしかない必須アミノ酸9種類が含まれています。また、ミネラルも豊富で、体内に蓄えられた余分なナトリウムを追い出すはたらきのあるカリウムをはじめとして、カルシウムやマグネシウムなどが検出されています。もちろんビタミン類も豊富です。クマイ笹には、ビタミンBをはじめとしてコリンなど8種類もの水溶性ビタミンが含まれています。

命の源“多糖体アラピノキシラン”含有

笹の成分の中で最も注目されているのが、多糖体アラピノキシランです。糖はブドウ糖に代表される単糖類、オリブ糖などの小糖類、食物繊維などの多糖類の3種類に分類されます。多糖類は、いくつかの単糖類が紡合しできたものです。クマ笹に特に含まれている多糖類の主な成分が「アラピノキシラン」というものです。最近になって人の健康維持に役立つ類いまれな性質があることが分かり、注目を浴びています。

「リグニン」含有

AHSSには体内で外界からの盾役を担当するマクロファージという細胞の活動に必要なリグニンという物質が含まれています。マクロファージは、体内に侵入した有害な物質を食べてしまう性質をもっており、リグニンはウィルス天敵にもなるのではと期待されています。リグニンは成長した木や草の主成分で、植物繊維のセルロースと共に植物の細胞と細胞の間を埋めたり、つないだりして植物の骨格のような役割を果たしている物質で多糖体の仲間に入れて扱う場合もあります。

不思議な新葉緑素“クロモリジン”

クロモリジンとは、植物やきのこ類から循環多段式加圧抽出法という特許製法によって抽出された、植物に含まれる全く新しい制菌性物質の名称です。この新葉緑素クロモリジンは、体内で活用されやすい低分子物質で、様々な恩恵を私たちに寄与してくれることが国際学会などで研究発表され海外でも話題になっています。


★ 多糖体「アラビノキシラン・リグニン」の大量抽出に成功

株式会社コスモバイオスでは、米ぬかの成分抽出にかなり以前から取り組んできました。しかし、米ぬかの場合には、どうしても不純物が多く混ざってしまいます。 純粋なものを抽出するために酵素をつかっているメーカーもありますが、酵素抽出されたアラビノキシランは有効作用が失われてしまいます。

このような事情で米ぬか以外の植物を調査するうちに、初めて安全な活性状態のアラビノキシランをクマ笹から多量に抽出することに成功しました。AHSSのアラビノキシラン含有量は従来抽出製品(市販きのこ製品等)を大きく上回っており約20倍も高濃度に抽出されます。

さらに、国際学会でもその類稀な作用で脚光を浴びた、“クロモリジン”は循環多段式加圧抽出法だから抽出できたAHSS独自のファイトケミカル(植物有効化学成分)です。

一般的にアラビノキシランなどの多糖類は稲、小麦、とうもろこしなどに多く含まれる成分です。多糖体は、もともと細胞膜の成分で、単糖(ブドウ糖のような)がいくつもの鎖のようにつながったもので、カロリーはなく体にとって重要な働きをする栄養素です。


【特許抽出法】循環多段式加圧抽出法

次世代の安全・高効率な抽出法

潟Rスモバイオスの開発した特許抽出法「循環多段式加圧抽出法」(特許番号3212278号・第3212940号)とは、一般的な成分の酸化を伴う熱水抽出や、安全性が懸念される化学抽出とは異なる、安全で高効率な次世代の抽出法です。 それぞれの成分抽出の条件を設定し、最適な圧力をかけることによって、ビタミン群、ミネラル群、植物活性多糖蛋白類群(アラピノース、キシロース、マンノース)、そして、フラボノイドやリグニン、アミノ酸24種類を高濃度に抽出します。
●特許抽出法の詳細

菊池式抽出法の開発者
潟Rスモバイオス代表:菊地眞悟挨拶

新しいバイオ技術が新しい医療システムを創り出していく
人類は長い歴史を経て、今ようやく本物の「生命の時代」を迎えようとしています。「生命の時代」への変革、それが21世紀の役割だと位置づけてみると、沢山の変革が必要になってきます。その最も重要なひとつとして、医療、福祉があげられます。医療が巨大なビジネスと癒着したひずみやゆがみの構図は決して人間本位、生命を大切にする医療ではありませんでした。

しかし、科学万能主義の錯覚から生命優位に気付いてみると、まだまだたくさんの可能性、選択肢が見えてきます。今「何の為の医療なのか」の問いかけが、世界的規模で広がりつつあります。勇気をもって「新しい医療システムの構築」を始める時がきました。弊社、研究所も微力ながら、バイオロジカルを基に本物の機能性強化食品を追求して、その役割の一端になりたいと願っている処です。さて、現在、健康ブームのなかで、信頼できる化学研究・分析を欠いた機能性食品は氾濫しています。バイオメディカル研究所では、植物・きのこ類から活性状態の栄養成分を多量に抽出できることが多くの分析データで確認された「循環多段式加圧抽出法」(特許第3212278号)による機能性食品を提供し、病気治療だけでなく、本来的な予防医療体制づくりを進めています。

循環多段式加圧抽出法は、開発者の名前をとって菊池式抽出法ともいわれています。

菊地眞悟プロフィール
1944年 樺太(サハリン)に生まれる
1958年 帰国。父の入植と共に北海道で育ち、現在、北海道雨竜郡幌加内町に住む。
1970年 農業経営を続けるかたわら笹の研究を始める。
1992年 日本植物活性研究所を設立、同研究所所長。現在、笹製品の生産と研究活動を行なっている。
「ササ博士」と異名をとるほど、笹について造詣が深く、とりわけ植物エネルギーの研究と製品化では、日本の第一人者として注目されている。

購入ページへ

健康の強い味方

その幅広い働きが特長のAHSSは、年齢を問わず、どなたでも安心して摂ることができ、健康維持をはじめ、生活習慣対策など幅広い目的にご利用いただけます。他の栄養素との組み合わせも自在で、さらに相乗的な働きが期待できます

旧製品(AHCC)からAHSSへ変更してから、およそ20年経過しました。多くのお客様から御支持しているAHSS最大の特長は幅広い対応力を備えていることです。様々な日常の場面でご利用頂いているお客様方より多くのお喜びの声を頂戴しております。

健康維持に少しずつ毎日じっくり飲むことをおすすめします。